1. ホーム
  2. 事業紹介
  3. 法人・オフィスセキュリティ
  4. AED(自動体外除細動器)

AED(自動体外除細動器)

はじめに

2004年7月より、医療従事者だけでなく一般の人においても
AEDの使用が可能となり、
救急蘇生法の手順に必要不可欠なものとなりました。

それに伴い、現在AEDの普及は、公官庁舎、駅、学校などの
公共施設にとどまらず、安全管理意識の高い一般企業が導入している例が増えております。

貴社の社員様・お客様の緊急事態に備えるのはもちろんのこと、
AED設置を表示することで、地域の救命活動にも貢献でき、
貴社がお取組みしております「社会貢献活動」の更なる充実にも
お役立て頂けるかと思います。

日本連合警備 山梨

AEDとは?

AED (Automated External Defibrillator) 自動体外除細動器

AEDとは事故や病気などで心停止になり、ポンプ機能を果たさなくなった心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻す装置です。

2004年7月から一般市民でも使用できるようになりました。

  • 突然の心停止の主な原因である「心室細動」と呼ばれるけいれん状態(細動)になった心臓に対し電気ショックで細動を除く(除細動)のための医療機器です。
  • 操作方法は音声ガイドに従って操作します。高度な専門知識は必要ありません。
  • 倒れている人に電極パッドを付けると、自動的に心電図の解析を始めます。

→AEDが解析し、必要な場合にのみ電気ショックを行います。

AEDの必要性

早期除細動での救命率の向上

心停止の救命には、迅速なAEDの使用が不可欠です。

病院以外で発生する突然心停止の発生件数は年間2万件から3万件といわれています。交通事故での死亡者数が約9千人であることを考えると、いかに多いかが分かります。

心停止後、「除細動」が1分遅れるごとに救命率は10%も低下し、5分が経過すると救命率は50%にまで下がるといわれています。救命率を上げるにはできるだけ早期(心停止から5分以内)の「除細動」が必要です。

ところが、日本においては、119番通報してから救急車が到着するまで平均で6~7分かかります。救急車を待つ間に救急の現場にいる市民がAEDを用いて一刻も早い「除細動」を行うことが大切です。
2005年に策定された「日本版救急蘇生ガイドライン」(監修:日本救急医師団)の「救命の手順」には、「AEDの使用」が盛り込まれております。AEDの使用は、心停止における救命に不可欠のものとなりました。

■ 救命率向上のカギ ■ 119番通報+心肺蘇生法(人工呼吸・胸部圧迫)+AEDによる「除細動」

選択のポイント

フィリップス社のAED「ハートスタートHS1」

「使いやすさ」と「信頼性」

現在発売されているAEDについて、機種によって様々な特徴がありますが、患者に電極パッドを装着したら音声ガイドに従って除細動のボタンを押すという基本操作は変わりません。 人命にかかわり、使用者が医療関係者ではなく一般の方であることを考えると、「機器の品質」、「音声ガイドの分かりやすさ」、「操作が簡単であること」を検討する必要があるかと思います。 また、心肺蘇生法(人工呼吸、胸部圧迫)を行った後、10秒以内にショックを実行しないと、せっかく2分間に行った心肺蘇生法の効果が薄れるといわれます。救命率を上げるには、10秒以内にショックが実行できる機械が望ましいと考えます。
以上を考慮し、弊社では除細動器の業界をリードするフィリップス社のAED「ハートスタートHS1」をお勧めいたします。信頼性と有効性に、一般ユーザーを想定した操作性を兼ね備えた一台です。

無駄のない設計とわかりやすい音声メッセージ

【コンパクトな設計】
重さはわずか1.5kg。小型かつ軽量で、緊急時にも容易に持ち運びができます。
【スピーディな起動】
電源は緑のハンドルを引くと自動的に入ります。また、心肺蘇生後のための一時中断後のショックをクラス最高スピードで実行することができます。
【充実の音声ガイド】
電源を入れると同時に分かりやすい音声ガイドが開始されます。AEDの操作だけでなく、心肺蘇生法もガイドします。ユーザーの操作スピードに合わせてガイドしますので、緊迫した環境下でより落ち着いた処置が可能です。
【トレーニング】
導入・設置して終わりではなく、一度でも訓練を受けておくのが望ましいのはいうまでもありません。トレーニング専用のパッドを装着することで、実器を使用してトレーニングができます。

AEDについて、ご不明な点等ございましたら当社までお気軽にお問合せ下さい。/日本連合警備株式会社 TEL 055-243-3331(代)